未登記建物の相続はどうしたらいい?

Q.相続で未登記建物を取得しました。

 取得後どのような手続きが必要ですか?

 

 

A.相続財産に未登記建物がある場合の手続きの流れを解説致します。

 

未登記建物は相続財産であるのか登記がありませんので確認できません。

固定資産税納税通知書に未登記建物の固定資産税が記載されていれば問題ありませんが、なければ名寄帳で確認する必要があります。

名寄帳は物件所在地の市町村で閲覧することができます。

名寄帳に被相続人が所有する不動産一覧に当該建物の記載があれば問題ありませんので必ずご確認ください。

次に遺産分割協議書を作成し、財産目録に名寄帳の記載事項を転記してください。

そして所有権移転登記手続きの申請を行います。

未登記建物の表題登記には以下の書類を用意ください。

 

・申請書

・建築図面

・建築確認通知書

・工事完了引渡証明書

・建物の評価証明書

・相続証明書

 

建物が古く、取り壊すのであれば表題登記を行わず家屋滅失届を建物が所在する市町村役場の資産税課に提出するのがよく取られる方法です。