地方自治体に不動産を高く買ってもらう事は可能か?

Q.地方自治体はどのような場合に不動産を買い取りますか?

また、地方自治体が都市計画道路予定地などで用地買収する際に市場価格より高額で買取りしてくれますか?

 

 

A.地方自治体が個人や企業から不動産を買収する際には、その目的や条件が多岐にわたります。

 

一般的に、市町村による不動産の購入は公共のために行われ、公園、学校、道路、その他の公共インフラの整備のために土地を確保することが一例です。

また、不動産は都市計画や地域の再開発計画の一部としても購入されることがあります。

地方自治体がこれらの目的で不動産を取得する場合、その地域は公有地拡大の推進に関する法律(公拡法)の適用を受け、売買や建築に制限がかかり、取得の際には事前の届出が必要となります。

 

地方公共団体が不動産を購入する際の価格は、地価公示価格を基に算出されます。

地方自治体は公正な市場価格での購入を目指していますが、土地の位置や大きさ、上に建つ建物の価値、そして市町村の予算や購入目的によって、価格は変動することがあります。

 

これらの事情から、市町村が常に高価で不動産を購入するわけではなく、不動産の特性や最新の市場動向によっては、民間市場での価格の方が高くなることも考えられます。

さらに、市町村が購入を検討する不動産は、公共の福祉に必要な地域に限られ、任意の場所を購入するわけではありません。