住宅ローン変動金利の上昇対策は?

Q.2024年は住宅ローン変動金利が上昇すると言われていますが、どのような対策ができますか?

 

 

A.2024年における住宅ローンの変動金利の上昇に対して検討できる対策には、以下のようなものがあります。

 

1. 固定金利への変更

現在変動金利のローンを利用している場合、固定金利に切り替えることを検討すると良いでしょう。

これにより、金利が上昇した場合の影響を避けることができます。

 

2. 借り換えを検討

他の金融機関でより有利な金利条件が提供されている場合、借り換えを検討することができます。

借り換えには手数料やその他の費用が発生することを考慮に入れる必要があります。

 

3. 返済プランの再検討

金利上昇による返済額の増加に備えて、返済プランを見直し、月々の返済額や返済期間を調整することも一つの方法です。

 

4. 繰り上げ返済

金利が低いうちに、可能な限り繰り上げ返済を行うことで、支払うべき利息の総額を減らすことができます。

また、返済額軽減型の繰り上げ返済を利用すると金利が上昇しても月々の返済額を引き下げることが可能です。

 

5. 貯蓄・投資計画の見直し

金利上昇に備えて、貯蓄や投資計画を見直し、返済能力を高めるための資金を確保することも重要です。

 

6. 金融アドバイザーとの相談

個々の状況に最適な戦略を立てるために、金融アドバイザーや専門家と相談することをお勧めします。

 

 

変動金利を利用した住宅ローンは、借入時から5年間は返済額が変わりません。

支払額の内訳(元金と利息の割合)に変更が生じ、元金残高が減少せず返済期間後の一括返済なども考慮する必要が生じます。

過去に例を見ない低金利により、住宅ローン利用者の70%以上が変動金利を利用しています。

金利上昇の際は以上の対策が必要と考えられます。